1. >
  2. どうしても必要なときときだけ。利子がもったいないので本当は借りたくない。

収入証明書不要カードローン攻略法TV76

どうしても必要なときときだけ。利子がもったいないので本当は借りたくない。

誰でもお金をかりれるようになって、利息の計算ができてない人は手軽に借りれるからと、あてにしてしまって、さらに大変なことになってたりする。正直、そんな人をみるとバカだなぁと思う。

まぁ、キャッシングを利用しない人は家族や友人にも迷惑をかけないので、個人的にはキャッシングを頻繁に利用してる人とはあまりかかわりたくないと思う。ローンとかは家とか車買うときだけ。日常生活で普通にキャッシングを利用してたら、どんどん借金が膨らむだけだと思う。

利率が高い印象

キャッシングに関しては後払いが基本的に好きではない自分にはかなり縁遠いです。

20代の時、知人が気軽に利用していたのを見てました。内心では大丈夫なのかな・・という感じで心配していましたが、一度簡単に借りられてしまうとあまり抵抗もなくなってしまうようで、週末の急なレジャーで必要だからと10万単位で借りたりとか預金をおろすような感覚で利用していました。今はどうかわかりませんが、当時仕事を2つ持っていたので、そういう生活スタイルからみても金銭感覚がズレている人なのかと思いますが。

利率も高い印象ですし結局は借金、と考えてしまいます。

キャッシングは利子が高い

高額な利子を払ってまで、借金したくない。計画制があるならまだしも、借りたものは返すのが常識。その場しのぎで借りる人が目立ち、期日がきて慌てるのが常なのではないか。

簡単な審査で力ードがつくれたり、審査自体なかったり…。CMが明るいイメージで流れているのも、疑問が残る。

自転車操業する人もいる。力ードを数枚所有したり、手っ取り早く現金を手に入れる為、金券を買い取ってもらったり…。客観的にみると、ムダな事に時間や労力費やすより、まともな事したらいいのに…と思う。

困った時に頼りになるけれど、その後の利息が高くつく。人には借りているところは見られたくない。

 住宅ローンの審査で落ちた時に、いろいろ調べたところ、持っているクレジットカードにキャッシング枠があると、「借りる準備がいつでもできている」=「借金があるのと同じ」といった意味合いに取られることがある、ということを知りました。持っていた幾つかのクレジットカードのキャシング枠を全部取り払ったのが功を奏したのかどうかわかりませんが、2回目の審査は無事通ったことがあります。でも、本当に困ってしまった時、本当に頼りになるんですよね・・・。