1. >
  2. 本当に困った時でもできれば利用したくないし、家族にも利用して欲しくないです。

収入証明書不要カードローン攻略法TV76

本当に困った時でもできれば利用したくないし、家族にも利用して欲しくないです。

今までにキャッシングの利用はないですが、奨学金や住宅ローンの返済で苦労した事があるので気楽に借りれそうなキャッシングは怖いです。

電車の吊り広告やテレビCMでも簡単便利なイメージになっていますが、あくまでも高金利の借金だと言うことをもっとアピールする方がいいと思います。

借りた金額に対して凄く高い利息を取られる感じがするので、一時的には助かっても後で困る気がします。

私自身はもちろん、家族にも利用はして欲しくないと思っています。

コンビニATMでお金を借りたり返済できて便利。だけど、利子が高いのは困りますが~仕方ないですね。

最初は、キャッシングについて、なんだかお金のやりくりがきちんとできていない人という気がして、罪悪感満載でした。ですが、どうしても急な出費というのはこのご時世あるわけで、きちんと計画的にキャッシングしていけば、良いんじゃないかという考えに変わり、キャッシングするようになりました。今は、ホームページなどで返済計画などがわかり、無理なく、キャッシングできるようになっているので、お金に困っている時にとても頼りにしています。

ATMを使用すると、担当者にあわなくてもお金が借りられるので便利です。

キャッシングを上手に使用すると、収入の増減に影響されない安定した生活を送ることが出来るようになります。フリーターなどの毎月の収入の安定しない職業についている場合、キャッシングを利用しないと、月の収入によって生活が豊かになったり、貧しくなったりします。しかし、キャッシングを利用すると、収入の少ない月は、キャッシングを利用して生活費を補填し、収入の多い月に計画的に返済すると、毎月の不安定な収入でありながら、一定の生活費を使った安定した成果っつを送ることが可能になります。

コンビニATMなら24時間、いつでも入出金出来るので本当に便利。あと、キャッシングに必要なのは基本的にカード一枚なので持ち運びも便利な上に、誰に気を遣う事無くお金を引き出せるメリットもあると思います。

私も以前はキャッシングをよく利用していましたけど、確かに簡単で便利なのは間違いありません。

気持ちの面では銀行口座から預金を引き出す感覚と大して変わらない、とも言えるでしょうか。

しかし、その手軽さから生まれる心の隙や油断もあると思います。

私も実はかつて、キャッシングに強く依存した事で非常に苦く痛い経験をしました。

現在もその痛手からは立ち直れておらず、キャッシングの失敗に伴うペナルティーも継続中です。

ペナルティーにも色々とありますが、私の場合は最終的に自己破産をしました。

最初は生活費の補填から始まったキャッシングだったのに、結果としては自分の助けとなるどころか逆に身を滅ぼす形となってしまいました。

この代償は非常に重いです。

現在もクレジットカードは作れませんし、勿論お金なんて借りれません。

もし、将来的に車やマイホーム等を欲しいと思っている方は私のように、いくら急場凌ぎであろうと安易にキャッシングへ手を出すのは利息も含めて高いリスクを伴う事だと知って頂きたいなと思います。

私も最初は少額だったのですよ。でも、その少額が積もり積もって山となり、いつしか利息も含めて取り返しのつかない結果へと至ってしまったのです。

私のような失敗をしない為にもどうか、キャッシングへ頼る前に今一度、本当にもうこれしか方法がないのかと自分の心に問い掛け直して頂きたいなと思います。

一番はキャッシングに頼らない生活。これは大きな失敗から改めて痛感した反省と戒めですね。